一般取引条件 (発効日:2012年9月4日)
BLECH-TEC GmbH Hauptstraße 7, 82054 Sauerlach / Altkirchen, Germany
 

§ 1 一般条件 - 適用範囲

  1. 当社が行う配送およびサービスは、すべて当社が定める取引条件ならびに取引に関して当社が特別に定めた条件に従って行われます。当社が書面により明示的に同意した場合を除き、当社の取引条件に反する、あるいは逸脱する条件を、お客様の都合で適用することはできません。また、当社の取引条件がお客様のそれとは異なる、あるいは反することが判明した場合も、無条件に当社の取引条件が適用されるものとします。
     
  2. 当社とお客様の間で交わされる取引については、すべて書面による契約書に基づくものとします。
     
  3. 当取引条件はドイツ民法典第310条第1項が定める法人に適用されます。

§ 2 見積もり - 見積書

  1. 当社の作成する見積書に法的拘束力はありません。
     
  2. お客様からのご注文がドイツ民法典第145条に準ずると判断された場合、当社は2週間以内に受注を行うことができます。
     
  3. 画像、図面、計算書その他の文書における所有権ならびに著作権は、当社に帰属し、「部外秘」(Confidential)の指定がある文書についても同様です。当社の書面による同意なしに、当該文書類を第三者に閲覧させることはできません。

§ 3 価格

  1. 特別な記載がない限り、当社の提示価格は「工場渡し価格」です。梱包費用は含まれていません。梱包費用は別途ご請求いたします。
     
  2. 提示価格には付加価値税が含まれていません。購入価格に応じた付加価値税が別途追加されます。

§ 4 支払い - 支払延滞

  1. 受注確認書または請求書に特に記載がない限り、お客様が請求書を受領した時点から支払い義務 (正価、値引きなし) が発生します。
     
  2. 書面による特別な取決めが無い限り、値引きは行われません。
     
  3. 規定の支払期限を過ぎてもお客様からのお支払いが行われない場合、当社は法の定める上限の範囲内で利息を加算し徴収いたします。また、当社が被った損害について、法的措置を取る権利も有します。お客様のお支払いが確実でない場合、当社は当該のお客様に対し一切の製品手配および納品を遂行しません。お客様の過失により当社へのお支払が期限内になされなかった場合、お客様は未払いの請求書をただちに値引きなしで全額決済するものとします。
     
  4. お客様が異議を申し立て法的に認められた場合、および当社がその内容を認めた場合のみ、お客様は支払いを保留することができます。また、同じ契約内容による異議申し立てについてのみ、お客様の留置権が認められます。
     
  5. 契約の締結後にお客様の資産状況が悪化した場合、ならびにそれにより当社への支払いの履行にリスクが生じたと認められた場合は、当社への支払いが完了するまで、または確実に支払いが行われると明確になるまで、お客様への製品・サービス等の提供を一切停止する権利を有します。

§ 5 契約に関する異議申し立て

  1. 当社では寸法、重量、性能、素材に関する情報の正確性に細心の注意を払っています。ただし特に明記が無い限り、その内容について何らかの責任を負うものではありません。また、当社は個別の契約において、妥当な保証範囲を超える保証を与えることはありません。当該規定は構造・仕様に関するすべての項目ならびに提示についても適用されます。技術面での改良や向上により、製品仕様は予告なく変更される場合があります。
     
  2. 製品が保有する機能特性は、当該製品について交わされた契約書面の内容がすべてです。お客様独自の判断や推測に基づく内容は考慮されません。
     
  3. モデル、ツール、その他契約の履行に要する装備品は、費用の割合を算出した場合でも当社の財産と見なします。

§ 6 納期 – 納品 - 納品遅れ

  1. 当社が指定する納期の開始は、契約当事者が取引上ならびに技術上の疑問点を完全に解消していることを前提としています。
     
  2. 当社の納品義務の履行は、必要な公的証明書または許可書の取得、合意により定められた頭金の支払いなど、購買者側の義務が適正かつ迅速に果たされていることが前提となります。これら購買者側の義務が果たされない場合は、適当な期間で納期の延長がなされます。また、履行されない契約に対する異議申し立てを行う場合があります。
     
  3. 注文品が期限内に工場から出荷された場合、または発送の準備完了が通知された場合、納期は厳守されます。引受日が指定されている場合は、その引受日を厳守もしくは引受準備の完了を通知するものとします。ただし、正当な理由により引受を拒否する場合はこの限りではありません。
     
  4. お客様が引受を怠った場合、もしくはその他の過失により契約遂行のための協力義務を怠った場合、当社はお客様に対し追加発生した費用も含む損害の賠償を求めることがあります。また、その他の申し立てを行う権利も有します。
     
  5. (4) に定める事態が発生した時は、お客様による承諾の遅延や債務者の債務不履行が生じた段階で、配送中の注文品が不慮に損失したり品質が低下するリスクが生じます。
     
  6. 当社の納品遅延については、ドイツ民法典 (BGB) 第323条第2項2またはドイツ商法典 (HGB) 第376条に基づいてなされた契約において、法的規定に従いその責任を負うものとします。また、当社の過失により生じた納品の遅延についても、法律に倣いその責を負うものとし、お客様は以降の契約遂行に関して継続の意図を持たない旨を申し出ることができます。
     
  7. 当社による意図的な行為、または契約に対する当社の著しい違反行為など、当社の過失により生じた納期の遅延については、法の規定に基づき当社がその責を負うものとします。ただし、納期の遅延が当社の過失に拠らない契約違反に起因する場合、当社の責任は一般的に生じると予想される損害に対しての賠償の範囲に限られます。
     
  8. また、当社の過失による納期の遅延が重要な契約義務違反に起因するものである場合も、法の定める範囲で当社がその責を負うものとします。ただし、この場合の損害賠償は、一般的に生じると予想される損害に対しての賠償の範囲に限られます。
     
  9. お客様は上記以外の法的申し立てを行う権利を失うものではありません。
     
  10. 納品場所が「建物」「現場」「使用場所」など具体的な指定のない場合、お客様は配送業者が間違いなく受け渡し場所まで辿りつくよう配慮し、かつ予め設置に必要な装備(クレーン、フォークリフト等)を用意しておくものとします。
     
  11. 戦争、緊急事態、洪水、禁輸措置、交通障害、労働紛争、操業停止、原料・エネルギー不足等、決定権や影響の及ばない事由およびお客様に責任が及ばない事由によって配送が困難になった場合、当社は適切な時期まで納期を延ばすことができるものとし、お客様はこれに対しいかなる異議を申し立てることはできません。契約業務の遂行を妨げる事象が3か月以上に亘って継続した時は、両当事者のいずれも契約を解除する権利を有するものとします。

§ 7 リスクの移転 – 梱包

  1. 分納あるいは当社による送料・配送の負担などに拠らず、工場から配送品を出荷した時点でリスクはお客様に移転するものとします。引受がある場合、リスクの移転は決定的事項として扱われます。お客様は引受日または当社による引受準備の通知を以て、ただちにリスクの移転を実行するものとします。納品内容に不備があった場合を除き、お客様は引受を拒否することはできません。
     
  2. 当事者の過失に拠らない原因で配送ないし引受が遅延したり停止した場合、配送準備もしくは引受準備完了の通知日を以てリスクがお客様に移転します。
     
  3. 分納はお客様の許可がある場合のみ行われます。
     
  4. 特別に取決めが無い限り、梱包の種類、発送方法、輸送経路は当社が決定いたします。
     
  5. 特別な記載がない限り、当社の納品手段は「工場発送」です。
     
  6. 包装材指令に適合した輸送用梱包材またはその他の梱包資材は回収いたしません。ただし、パレットとグリッドボックスはこの限りではありません。梱包材の廃棄はお客様の責任において、居住地域の法令に従い行うものとします。
     
  7. お客様の要望に応じて運送保険に加入することも可能です。その際の費用はお客様の負担となります。

§ 8 製品の欠陥

  1. お客様による不具合のクレームは、お客様による適正な点検が実施され、かつドイツ商法典第377条、381条 II に基づくことが条件となります。
     
  2. 当社の不備による不具合については、当社が判断のうえ修理または新品との交換により対応いたします。この場合、輸送、移動、労務、材料費などの対応に要する費用は全額当社が負担いたします。ただし、納品物を発送地以外の場所に送ることで、ドイツ民法典 (BGB) 第439条第3項が定める過剰な負担が生じ、費用が増額されないことが条件となります。
     
  3. 法的例外を考慮しても、当社の不備により当社がお客様より指定された修理または交換期限を経過しても何らの改善が見られなかった場合、お客様は法の定める範囲で契約を解除する権利を有します。不具合が軽微なものである場合は、お客様は契約価額の減額のみ要求する権利があります。その他の事由で支払金額を減額することはできません。以下の場合は保証の対象から除外されます。不適切な操作、誤った使用、お客様または第三者による取付け作業で生じた不具合、自然に生じた摩耗や消耗、不適切な取り扱い、警告や注意を無視した取り扱い、不適切なメンテナンス - これらが原因で生じた不具合について、当社では一切の責任を負いかねます。
     
  4. 当社、もしくは当社代理店ならびに販売店の故意ないし重大な過失によりお客様に損害を与えた場合、法の定める範囲でお客様による賠償請求に応じるものとします。当社、もしくは当社代理店ならびに販売店に意図的ないし重大な過失が認められない場合、その損害に対する補償は一般的に生じると予想される損害に対しての補償の範囲に限られます。
     
  5. 当社が契約上の義務において重大な違反を犯した場合、法の定めに応じてその責を負うものとします。ただし、このような場合の損害に対する補償は、一般的に生じると予想される損害に対しての補償の範囲に限られます。
     
  6. お客様が交換修理ではなく返金を求めた場合、当社の責任は一般的に生じると予想される損害に対しての返金に限られます。
     
  7. 死亡事故、負傷事故ならびに健康被害に対する過失責任は影響を受けません。製造物責任法における賠償責任が発生します。
     
  8. 特別な規則を定めた場合を除き、上記以外は免責といたします。
     
  9. 製品の欠陥に対する申し立ての期限は、リスクの移転から12か月を限度とします。その他のクレームは損害に気づいた時点、ならびに損害を与えた人物が判明した時点から18か月を限度とします。
     
  10. ドイツ民法典 (BGB) 第478、479条における購買者の償還請求権の期限は影響を受けません。期限は瑕疵のある製品の納品から5年間、お客様が欠陥に対する弁済請求条件を満たした時点から最長2か月です。

§ 9 一般的責任

  1. 要求の法的性質に関わりなく、当社は§8 記載外の賠償責任は負いかねます。特に契約締結の不履行、その他義務違反、ドイツ民法 (BGB) 第823条にあたる物質的損害補償に対する不当な請求に起因する損害賠償について、当社は一切の責任を負いません。
     
  2. 当社に対する損害賠償責任が除外される、または限定的である場合、当社従業員、代理店、販売店の個人的賠償責任も同様に扱われるものとします。

§ 10 所有権留保

  1. 引渡契約に拠る支払いを全額受領するまで、納品物の所有権は限度を設けず当社に帰属します。お客様による契約違反行為ならびに支払いの遅延が生じた場合、当社は然るべき期限設定の後、納品物を回収する権利を有します。納品物の回収は、書面による明示がない限り、契約の解消を意味するものではありません。支払期限から10営業日が過ぎてもお客様からのお支払いがない場合、お客様は当社の要請に応じて購入品を返却する義務を有します。
     
  2. お客様による納品物の保険加入が証明できない場合、当社はお客様の負担で納品物の盗難、損壊、火災、水害その他損害に対する保険に加入する権利を有します。
     
  3. 第三者による当該製品の占領または介入があった場合、お客様はただちに書面にてその旨を当社に通知するものとします。当社は、ドイツ民事訴訟法 (ZPO) に基づく措置を取ります。当該第三者がドイツ民事訴訟法 (ZPO) における法的ないし司法管轄外の費用を弁済する立場にない場合、当社の損害はお客様が補償するものとします。
     
  4. お客様は当社からの購入品を通常の業務で販売する権利を有します。ただし、購入者または第三者への売却により発生する、当社が求める最終的な請求額 (付加価値税を含む) における請求権は、当該製品の加工の有無に関わらず当社が保有するものとします。お客様は譲渡後も請求権を維持できるものとします。ただし、当社の債権回収に関する権利はこれに影響されません。ただし、お客様の収益による当社への支払い義務が満たされている、支払に遅延がない、破産開始手続きないし破産処理が取られていない、示談に向けての訴訟中にない、および支払いが停止していない場合は、当社による債権回収は行われません。ただし場合によっては、係る債権および債務者に関する情報の提示を当社からお客様に要請することがあります。また、債権回収に関する全情報の提供、ならびに関連書類の提出、債権の譲渡についての債務者への通知を要請いたします。
     
  5. 当社がお客様に販売した製品の加工または改造は、当社以外に行うことはできません。当該製品を当社以外の物で加工した場合、当社は加工に使用した物との比較において納品物の価値 (付加価値税を含む請求額) が加工の時点で有する割合に基づき加工品の所有権を取得します。加工によって生じた物品については、予約品として納品される製品と同じ条件が適用されます。
     
  6. 納品物が当社に関連の無い他の物体と分かちがたい形で融合または統合された場合、納品物の価値 (付加価値税を含む請求額) が係る融合ないし統合を行った加工の時点で有する割合に基づき、加工品の所有権を取得します。お客様側が手配した品を主要品として融合・統合加工に使用される場合は、それに比例した所有権を当社に与えることにお客様が同意するものとします。お客様が有する、結果として生じる独占的所有権または当社との分割所有権は維持されます。
     
  7. また、お客様は当社が納品した品とその土地に関連し第三者に対し生じた債権を、お客様に請求できることを保証するものとします。
     
  8. 当社担保の実現可能価額が保証請求額の10%以上となる限りにおいて、当社はお客様の求めがあれば担保解除を行うものとします。ただし、解除する担保の選択は当社が行います。

§ 11 司法管轄区域 – 契約履行地

  1. 法人のお客様については、当社登録事務所を司法管轄区域とします。ただし、当社がお客様の登録事務所で法的手続きを行う権利は放棄しません。
     
  2. 法律はドイツ連邦共和国の法律が適用されます。国際物品売買契約に関する国際連合条約の適用は除外します。
     
  3. 注文書に特別な記載がない限り、当社の登録事務所が契約履行地となります。
     

[このページを印刷]

 



 
 
 

(c) p3systems