Dreieck Balken Logo
HOME使用分野操作ツール技術仕様ビデオリファレンス掲載メディア




Eingang

DE EN
FR CN
IT JP
ES  



© 2017 p3systems
当社について

Blech-Tecは2003年3月1日に登録業者 (e.K.) として創業し、2012年に有限責任会社となりました。

Blech-Tec は当初、0.05 ~ 4.0 mm 厚の板金およびフォイルを用いた構成部品の委託製造業、小規模の連続生産ならびに組立業に特化した企業でした。主力素材は各種鋼鉄をはじめ、ばね鋼、アルミ製品および非鉄金属など多岐に渡ります。 創業当時のBlech-Tec は量産に対応せず、超高精度技術を要する極めて複雑な部品に特化したプロトタイプ製造や小規模連続生産などを行っていました。

その中で、お客様から「極小かつさらに高精度」の部品が欲しいというニーズがあり、従来型の製造機械ではすぐに限界を迎えてしまいました。 お客様のご要望に応えるため、当社では極小型部品も正確に制御可能な曲げ機械 BT-150 を開発。 精密スプリング、コンタクト、カバー、ホルダーといったごく小さな部品の加工を、特殊なツールを使わずすばやく、精巧に、かつ低コストで実現できるようになりました。



BT-150 は強化型のツールセットを組み合わせて使用できるプログラム型のマシンです。 これを用いることで、製造時間を数日~数週間から数分~数時間まで短縮可能に。従来よりもはるかに高精度ながら、ツールにかけるコストも削減できます。 当社では BT-150 を用いて委託製造を続けていましたが、すぐに製造業界でこのようなマシンのニーズがあることに気づきました。

小型曲げ機械 BT-150 に対するニーズの高まりを受け、当社は機械製造業者へと形態を転換。 現在では委託製造の受注を停止し、BT-150 の機能向上、製造および販売に特化する企業となりました。

小型曲げ機械 BT-150 は、自動車、電子機械、照明器具業界を中心として、医療技術や家具業界などその他さまざまな分野で利用されています。 BT-150 は高度な再現性と高速・高精度の調節機能が特徴です。

高速および信頼性の高いプロセスをプログラムに組み込むことで完全な再現性を保証するほか、設定変更を行う場合でも新しいツールの追加や既存ツールの改良は不要です。 従来では、各個別部品のツール設計に膨大なコストと時間が必要でした。しかしこのマシンさえあれば、もう大量の在庫管理を行う必要もありません。 現在では世界中、すべての業界において、スプリング、コンタクト、その他小型の曲げ部品の製造に BT-150 が使用されています。


本社はドイツ ミュンヘン南部に位置するアルトキルヒェン東部ザウアーラッハ (Sauerlach / Altkirchen) にあります。市境を少し外れた場所ですが高速道路 A8 と A99 に近く、ミュンヘンのどの場所からでも便利なロケーションです。 S バーンのザウアーラッハ駅 (S3) からは約 3 km の距離です。